HOME >  ワイナリー紹介 >  フランツ・ハース

Franz Haas

フランツ・ハース

ピノ・ネーロに賭ける情熱の高さは他の追随をゆるさない。
7代目フランツの典雅なワインで大注目

生産者画像 生産者画像 生産者画像 地域とカンティーナの歴史

トレンティーノ・アルト・アディジェのワイン造りは長く協同組合が牽引してきた。ハースは1880年にエステートワインの製造を開始した先駆者といえる。代々、長男がフランツの名を継承し当主を担い現在で7代目。イタリア国内はもとより世界中で人気を博すようになったのは、現当主が熱い情熱を傾けたピノ・ネーロや白のトップキュヴェ・マンナが評判を集めたことが契機となった。

葡萄畑

現在40haの自社畑と20haの借地で葡萄園を耕作。1980年代には既に多産型のペルゴラから、収量の管理を行い易いグイヨに変更するなど葡萄品質の向上に早くから取り組んできた。
彼は近年の温暖化に対応すべくピノの栽培の為に冷涼な気候を求め、より標高の高い場所に新たな畑を順次購入してきた。例えば最近購入したアルディーノの畑は、現在のDOC規定では認められていない標高1,150mにあり、先を見据えた対策を行っている。点在する葡萄畑の土壌はこの地らしく班岩や石灰岩が複雑に入り組む粘土質で場所によって砂質も含有する。複雑に入り組む土壌は場所によって砂質の含有する比率が大きく異なり、多品種の栽培を可能にしている。

醸造

品種個性の尊重と畑での仕事をワインに反映させることに重きを置き近代的な醸造設備を活用している。酵母は一部の白ワインを除き天然酵母を選択。赤ワインの発酵にはすべて開放槽を使用している。
約20年もの間悩んだ問題があった。天然コルクの使用に対する疑念。今のコルクは過去の品質を担保しておらず少なからず変質を生じ消費者に真の姿を届けれない状況に陥っている。また今後も世界的な瓶詰ワイン増加に対して、余りに遅い天然コルクの成長を鑑み、1996年から世界中の優良生産者と情報の交換を行い、クロスヴィンテージでの幾多の興味深い実験と試飲を繰り返してきた。その結果、変質要因の排除を最重視してすべてのワインでフランス・ティルヴァン社のスクリュー・キャップへの変更を選択した。

ワイン

アルト・アディジェの品種別で白ワインが(*)ピノ・グリージョ、ピノ・ビアンコ、ゲヴュルツトラミネール、赤がラグレイン、ピノ・ネーロの2種。希少なデザートワイン、モスカート・ローザを生産。ピノ・ネーロにはボルツァーノ在住の画家のシュヴァイツァー氏が手掛けたラベルを付けたバレルセレクションもある。キュヴェは2種類で赤のイスタンテ(カベルネ+メルロー)白のマンナ(ソーヴィニヨン+シャルドネ+リースリング+トラミネール+ケルナー)で高い人気を誇る。また、近年娘の名前を冠したソフィーのレンジが親しみやすいチャーミングな味わいのIGTドロミティ規格でリリースされた。(*)日本未輸入

ワイナリー住所

Via Villa, 6 - 39040 Montagna - Bolzano

Wine